--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2013.03.02 15:06



こんにちは。

またお返事返さなくなってしまいました。 みちゅうです。

あやさん、本当にすみません…
ご心配頂いてありがとうございました。ちょっとパソコンの調子が悪くてずっと離れていたのですがなんとか戻ってまいりました。よかったらこれからもお気が向いた時でいいので仲良くしてください。


で、こちらのブログでは珍しく「秘密」読んだ感想を……

ネタバレすると思うので未読の方はご注意ください。

よろしかったら追記からお付き合いいただけたらとってもうれしいです。










いらっしゃいませ~~~


「秘密」のスピンオフ、どうして「創世記」なんだろうとずっと不思議&不安でした。


まず、私はキリスト者でもなければ聖書を正しく勉強したこともないので、信仰をお持ちの方でこれから以下のことをお読みになってご不快になられるかもしれませんが、冒涜する気持ちは一切ございませんのでどうかお許しいただければと思います。


サブタイトルが「The Genesis」といって「起源」でなく「創世記」なら旧約聖書のそれをまさにさしているのだろう。
そして「秘密」の物語がそれになぞらえられるなら、どの辺が「創世記」なのだろうか、とずっと思っていました。

「エデン追放」ではないだろうな、と勝手に思っていました。
18歳の薪さんの置かれていた状況が「エデン」だと思えなかったから。
でも今回のお話を読んで、澤村さんにしてみれば、偽りで囲ったとはいえ実の子である(これ確定?)薪さんと二人で暮らせていた状況を崩そうとした鈴木さんはエヴァを誘惑した蛇に感じられたかもしれないと思いました。

なんだろうな~どの辺が「創世記」なんだろうな~?と思って読んでいたのですが、今回、若き日の澤村さんの、薪俊さんにむかっての「あの男さえいなければ」という言葉を聞いて、これか?!と思い浮かべたのが、「カインとアベル」の物語でした。

「カインとアベル」の物語といえば、神様に自分の捧げものをかえりみられなかった兄カインが嫉妬して弟アベルを殺してしまうという、まあ人類初の殺人とか言われているアレですね。

澤村さんはカインで、薪さんはカインの息子として生まれたんだ、それが薪さんの十字架(という表現はユダヤの方はしませんよね?では重荷、か?)だったんだと思いました。

でも薪さんは、カインのような澤村さんの子として生まれながらまるでセツのような薪俊さんによって育てられた。(セツというのはアダムの三男、つまりカインのもう一人の弟で、よく知られている「ノアの方舟」のノアの祖先になります)

カインの子がセツの子孫として生きようとしている。 うーん、これってまさにひとの生きようそのまま。
薪さんはこの「創世記」で原罪を負って生きる人類の象徴として描かれようとしていると思いました。勝手にすみません。

「創世記」は、勝手なことを言って本当にごめんなさいなんですけど、ひとが神様から離れて生きることになった、それがどうしてなのかというのを描いた悲しい物語だと思います。
でも救いはある。 それはイエス様がすべての人の重荷を負って十字架にかけられたこと。

キリスト者でもないのに勝手なこと言ってすみません。

薪さんにも救いはある。 それはきっと青木さんの存在。

「秘密」第一巻のあの話は、フラアンジェリコの「受胎告知」の背景に楽園追放されたアダムとエヴァが描かれているのと同様に、悲しい出来事(鈴木さんの死と初代第九の崩壊)を背景にしながらもやがて確実にくる救済を知らせている福音だったんだと思いました。

あんまりイエス様を二次元の人物と絡めて語ると本当に怒られそうなのでこの辺でやめます。


で、なんでわたしが今回のお話を読んで青木さんに惚れ直したかと申しますと、
プールに沈められかけた鈴木さんが澤村さんに「あなた自身が評価に値しないからだ」と叫んで逆上させていましたが、

青木さんならこんな風に言わないだろうな、って思ったの。

別に鈴木さんを下げるわけではないんですけれど、青木さんだったらもっと…なんて言うかまでは想像できませんけれど、もっと、澤村さんの苦悩とか悲しみとかに寄り添ってしまうんではないかと…たとえ自分が殺されそうな状況でも、責めるよりももっと違うアプローチをしそうで。

そしてそんな青木さんだからこそ、薪さんが愛したのだろうし、救いにもなるのだろうと思いました。


青木さん、すげー←勝手に


うーん、
普段書きつけていない文章を書くの、難しいですねぇ…伝わっている気がしないんですけれど、お読みいただいた方、いらっしゃったらどうもありがとうございました。


あと思ったことといえば、
薪さん、一緒に住んであんなに尽くしていたのに実は結構澤村さんも疑っていたの? とか、
グランドマスターのおじさん、澤村さんが顔を焼く遠因云々言うってことは、澤村さんが薪さんと一緒に暮らしてるのも知ってた? 知ってて放置してたの? もう一回読もう。

あと受胎が5月らしいので薪さんのお誕生日は3月~~~早生まれだ~~~ってもうみなさんおっしゃってる?

お誕生日が離れてて、鈴木さんがいっこ年取ったのに薪さんは年明けなくちゃ誕生日来なくて何かあるたびに「年下のくせに生意気な」とかからかわれて「うるさい、ジジイ」とか言いかえす薪さんとか想像すると萌える。


何を言っているのかわからなくなってきたので帰ります。

読んでご不快になられた方、本当にすみません。

お付き合いくださった方、どうもありがとうございました。

今度はまた何か妄想を披露できるように頑張ります。←いらん。



スポンサーサイト

| 「秘密」・いろいろ | コメント(1) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | | 2017.04.18 00:20 |

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。