--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.07.23 21:04


お久しぶりでございます。

だからね、こんなことを書くと、えんがちょにされちゃう・・・・
いやんなのはおまえだ、って・・・・・

でも、書いちゃう、チャレンジャーだから(←????)

怒られたい、みちゅうです。



続きを読む

スポンサーサイト

| 二次創作・「こんな薪さんはいやだ」 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2010.07.18 07:56


こんにちは。

世間では3連休、皆様楽しく過ごされていることとご推察申し上げ・・・・
朝からPC開いているみちゅうです、人間終わっていてすみません。


最近すっかり妄想から離れておりますが、それはなぜかと言いますと、リアルが精神的に辛いのと、あと前に書きかけていたものに、今のテンションがついて行かないのと、今ぼちぼち書いている妄想が、なんか追いつけなくて・・・・


で、またこんなたわ言チックなものをすみません・・・・


ネタバレにはならないと思いますので、追記にしないで書いちゃいます~~~





え、っと。
7巻の話なんですけど、

大臣と決裂した後に階段で青木さんとけんか別れした薪さんが、鈴木さんのことを思い出しながら青木さんを追いかけて、横っ面張って、

「もう『第九』から殉職者は出さん!」

と宣言するところがありますよね。

読み返して、それからそのあと薪さんが取った行動を見返して、思ったことがあります。

「もう『第九』から殉職者は出さん!」

この『第九』の中には薪さんも含まれているんだ、って・・・・・


なぜそう思ったかと言いますと、
1巻では薪さんは北村少年の催眠がオンにならないように、一国も早く彼に接触したいと、
上空の天候が悪化している中、薪さん自らヘリに乗り込み、出発しようとして、
青木さんからこう言われています。

「あなたは自分なんかいつ死んでもいいと思ってるのかもしれませんけどね」

うん、確かに1巻の薪さんは「今度僕を殺すときは・・・」とか、ご自分の生命に執着していない感じがしてました。
あと、この頃は室長も鉄砲玉だったのね~~~~第九の良心岡部さんに「あなたがいくことない」って止められてるじゃん。(しかし、その危うさと脆さにとても魅かれたのですが・・・)


しかし、7巻の薪さんは、
暴走しようとした青木さんを押し止め、自分の指示に従うように言い、
護衛をつけ、ヘリを用意し、青木さんが安全に救出活動が成されるように尽力なさいました。


これはとっても個人的な見解で、 あ、すみません、ここに書くことで個人的見解でないことなんてないです、すみませんっ!!
だから、ただの思い込みだと思し召されると思いますが、  あ、すみません、ここに書くことでただの思い込みでないことなんて・・・以下略。  すみません・・・

1巻の頃の薪さんは、鈴木さんを失った傷から癒えることなく、ご自分さえ大切にすることができなかった。
それこそ、「自分の命なんてどうでもいい」「自分なんかいつ死んでもいい」だったのかもしれません。

それが、青木さんと一緒に鈴木さんの脳を見て、彼の思い(薪さんを護りたい)を知り、
また青木さんと一緒に過ごす(捜査する、か?)日々を通して、
何が大切なのか、自分が大事にしたいものに、そのために自分ができること、するべきことに気づかれたのではないかな、と思ったのです。



7巻160ページで、建物から出て行こうとする青木さんに、薪さんが
「鈴木」と呼びかけています。

わたしはここはずっと、薪さんが青木さんと鈴木さんを混同してしまったシーンだと思っていたのですが、

もしかしたら、(ってか絶対に違う、ごめんなさい)
このときの薪さんは、亡くした命にたくさんの思いを馳せて、今手のひらから零れそうな鉄砲玉のことを憂慮し、
今回は亡くしちゃいけない、「護られた」から「護りたい」、
生きていく資格なんて、自分には無いと思っていたけど、彼を「護るため」に、鈴木さんに「護られた」自分の命を受け入れた。
愛おしく、大切に思っている青木さんを「護る」ために、ぼくは、これからも生きて続けていいか?

「鈴木」

という呼びかけだったのではないかと・・・・・


うううーーーーん・・・・
上手く言えない。  いつもだけど・・・・・

つまりですね、
「(いつ)死んでも良い 2060」だった薪さんが、ご自分の命に対して前向きになったんじゃないかな~~~
と、思ったのです。  あ、そんなの前からですか、すみません・・・・

で、それには青木さんの影響がたくさんあって、
でも青木さんはもちろん薪さんからたくさんの影響を受けていて・・・・・

懲りもせずにエヴァちっくに言うならば、

「鈴木さん、青木さん(とわたしたち)に薪さんをありがとう」

そして、

「神様、薪さんに青木さんをありがとう」



ここまでお読みいただいてありがとうございました。

大変失礼いたしました。

| 「秘密」・いろいろ | コメント(1) | トラックバック(0) | |

2010.07.06 17:08

こんにちはです~~~


衝撃の「メロディ」8月号、この後の展開をちょびっと、しかしナチュラルに予想してみたらひどく驚かれて、
ブログに書け!!と言われたので書きます。

ネタばれです。←今さら。

何を読んでも怒らない方・・・・・


続きを読む

| 「秘密」・いろいろ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2010.07.03 09:52

・・・・と、暴れん坊将軍ちっくに青木さんを呼びつけにしてみたみちゅうです。
こんにちは。

リモコン投げ&プロポーズ事件以来、青木さんがはかり知れないのですけど、
今号の青木さんについて、ちょっと書かせてくださいませ・・・・

すみません、いつもの駄文ですけど、お付き合い頂ければうれしいです。


続きを読む

| 「秘密」・いろいろ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

2010.07.01 12:58

・・・・と、珍しく男言葉で表現してみました、 みちゅうです、
こんにちは。


えっと、えっと、
「メロディ」の8月号を読んで、薪さんに改めて惚れ直した箇所があったので、書いてみます。

この手の文章は苦手なので、上手く書けていない気がいたしますが、
もしよろしければお付き合いください。


続きを読む

| 「秘密」・いろいろ | コメント(0) | トラックバック(0) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。